2015年10月14日 天皇杯3回戦 京都サンガFC@川崎フロンターレ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

 

定時まで仕事をしても、等々力なら間に合うということで、

天皇杯に行ってきた

 

DSC_2936

 

 

カテゴリーが違うチームの試合なので、

下位の京都がどれだけ食い下がれるか?を楽しみにしていた

 

 

川崎は今シーズン4試合目かな?

 

 

2015年6月7日 J1 湘南ベルマーレ@川崎フロンターレ

2015年8月22日 J1 川崎フロンターレ@湘南ベルマーレ

2015年9月19日 J1 名古屋グランパス@川崎フロンターレ

 

 

前回の名古屋戦では、完璧な内容と結果で大満足な試合だったので、

定期的にパスサッカーを観たくなった

 

 

対する京都は2試合目になる

 

2015年9月13日 J2 京都サンガFC@ジェフ千葉

 

 

どんなサッカーだったか?あまり記憶に残っていない

 

 

ただスタメンに山口、菅沼、佐々木がいて、

ベンチには大黒が控えていて、元ガンバが多い

 

 

佐々木は久しぶりに観たいなと楽しみが増えた

 

 

川崎が相手なので、自分たちの時間が少なく、

どれだけ守備で我慢できるか?が鍵になると思っていた

 

 

90分を観てると、川崎の先制点で大方決まってしまった

 

 

20分の先制点までに、京都にもチャンスがあっただけに、

京都が先制した方が楽しい試合になった

 

 

それを決められるか?が、J1とJ2の違いなのだろう

 

 

京都にケガ人が出て10人の時に、

2点目が決まったのは不運だった

 

 

相当走らされたので、

ケガ人が出るのは必然だったように思う

 

 

川崎は1-3-4-2-1でスタートし、

京都は1-4-1-4-1でスタートした

 

 

赤を京都、青を川崎として、

両チームのフォーメーションを重ねる

 

screenshotshare_20151014_213516

 

 

4バック対3バックなので、

噛み合わない部分が出てくる

 

 

簡単に数合わせをすると、川崎から見て、

最終ラインの所で3対1なので、+2

京都のボランチが空いているので、-1

前線の所で3対4なので、-1

 

 

京都を前回観た時は、フラットの1-4-4-2だったので、

川崎対策として用意したのかもしれない

 

 

ボランチを余らせた所が、狙いだったかな?

 

 

この『余らせる』という言葉の重みを感じる展開だった

 

 

1人余らせる、つまりプラス1するためには、

どこかをマイナス1しなければなりません。

 

 

yas-mikiが好きな本の一節で、非常に大事にしている

 

 

この日の京都は、

ボランチを余らせ+1、

最終ラインで数的優位を作り+1する代わりに、

前線で-2の環境を作った

 

 

上記の並びでは、川崎のサイドのCB(青の2番、4番)がフリーになる

 

 

そこにボールが行くと、

京都はインサイドハーフが追いかけるルールだった

 

 

つまり川崎のボランチ+CBの2人と

京都のインサイドハーフ1人がマッチアップする

 

 

川崎の選手は、技術に優れる選手が多く、

ボールを失わない上手さがあるので、ここに無理が生じる

 

 

追い切れずにCBなり、ボランチなりがフリーになる瞬間ができ、

それがピンチになる気配を感じた

 

 

前半から散々あった形を、例に挙げる

 

 

先の2対1でボールを回し、京都のインサイドハーフが追い切れず、

右のCB(青の4番)がフリーで持ち上がったとする

 

screenshotshare_20151014_213632

 

 

すると京都のSH(赤の7番)が前に出ることになる

 

screenshotshare_20151014_213655

 

 

すると川崎のWB(青の8番)がフリーになる

 

 

本来なら最終ラインがスライドして対応しなければならないが、

京都のSB(赤の2番)は、川崎のシャドー(青の10番)に気を取られる

 

 

するとサイドでドフリーが生まれる

 

 

ボールにプレスする選手は、直接のコースは切っているが、

川崎はボランチを経由して、サイドにボールを運んだ

 

 

川崎はボールを持つとWBが高い位置を狙うので、

前線に5人いることになる

 

 

それに対して、京都の最終ラインは4人しかいない

 

 

上手くスライドする、またはSHを下げるしかないが、

この日はスライドしようとしていたのかな?

 

 

それが上手く機能しない時間があった

 

 

たぶん京都は許容していたのだろうけど、

やられ過ぎな感は否めなかった

 

 

京都が余らせたボランチは、バイタルを気にしていた

 

 

川崎は後ろでゲームを作って、

フリーで前を向くという作業を続けていた

 

 

技術に優れた選手がフリーでパスを出せば、

1人がバイタルをケアしても、あまり意味を持たない

 

 

フリーでパスを出された時は、ユルユルだった

 

 

名古屋も1ボランチでやられたので、

川崎相手に1ボランチは厳しいのかもしれない

 

 

2015年9月19日 J1 名古屋グランパス@川崎フロンターレ

 

 

人を余らせる=+1することの代償の大きさを感じる90分だった

 

 

それを見せつけたのは、

川崎のボランチの出来だったと思う

 

 

長短のパスを使い分け、的確なコースを選択していた

 

 

この日はやや俯瞰で観ていたので、

「次はこの選手が空いているな」と思った所に、

しっかり通していた

 

 

ボールタッチも素晴らしく、ミスが少なかった

 

 

ガンバの遠藤を観ていても思うことだが、

『やり直し』ができるのはスゴい

 

 

局面を読んで、上手くいかないと思うと、

バックパスやターンをして、局面を変える

 

 

相手のプレスがあると、なかなかできないが、

簡単にやってしまうのは、レベルが高い

 

 

得点シーンはポゼッションからではなかったが、

90分を支配する働きだった

 

 

京都はカウンターに活路を見出していた

 

 

なかなか高い位置でボールを奪えないので、

どうしてもカウンターの距離が長くなるが、

切り替えの早さとロングスプリントでチャンスを作った

 

 

京都は1トップと両SHが前に出て、攻撃していて、

川崎は3バックで対応していた

 

 

つまり3対3の数的同数になる

 

 

川崎の選手より早く前線に上がることができれば、

数的優位になる

 

 

それができたシーンが前半に何回かあっただけに、

決め切っておきたかった

 

 

また余らせたボランチがいるので、中盤では3対2になる

 

 

京都のボランチ(赤の6番)にボールが入りそうになると、

川崎はボランチの中村(仮に青の7番)が反応していた

 

screenshotshare_20151014_213958

 

 

また京都のSB(赤の2番)を上げていて、

川崎のWB(青の8番)を引っ張る形になった

 

 

そうするとどうしてもインサイドハーフ(赤の8番)が空く

 

 

そこにボールが通ると、チャンスの気配がした

 

 

そのパターンでも、

アタッキングサードの工夫と精度が足りなかった

 

 

どこかで点が獲れていれば、

スタミナのロスを、気持ちでカバーできたようにも思う

 

 

前述のように10人の時に、

バランスが崩れて失点したのは不運だった

 

 

川崎は後半の途中から試合をクローズするために、

フォーメーションを1-3-4-1-2に変更した

 

screenshotshare_20151015_003326

 

 

これで中盤が数的同数になった

 

 

これで京都は攻め手を欠いたように観えた

 

 

両SBが空くので、ボールは持てるのだが、

前に出すことができずに、『やり直し』させられた感が強い

 

 

自ら『やり直す』川崎とは対称的だった

 

 

お目当て?の佐々木は、らしさを少し見せてくれた

 

 

かなりスプリントしていたし、スピードもあった

 

 

右足の精度も高く、何本か惚れ惚れするパスがあった

 

 

もう少しドリブルで仕掛けるシーンを観たかったな

 

 

足がつって交代になったのは、頑張った証拠だと思う

 

 

大黒には1本ビッグチャンスがあっただけに、

決めていれば、「さすが大黒」という記事になったかもしれない

 

 

アバウトなロングボールを競るという

特長にないプレーをさせられたのも残念だった

 

 

川崎側は、最初の10分くらいで、

「自分たちのサッカーをすれば勝てる」

と思ったのではないか?

 

 

それくらい自信に満ちた90分だった

 

 

4回戦の日程が出ていないが、

観戦する機会があれば、ぜひ参戦したい

 

 

今回も楽しい90分だったので、

来シーズンのシーズンシートは本気で迷い始めている

 

 

 

yas-miki

 

 

スタジアム紹介の記事のまとめは、こちら

(1都3県のJFL以上は網羅してます)

スタジアムの歩き方

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

ただいまJリーグに関するアンケートをやってます

宜しければ、ご意見を聞かせて下さい

【急募】 来たれJリーグファン! Jリーグを良くするには?アンケート

 

ジェフ千葉、FC東京を中心に、Jリーグを観戦してます。 これでもガンバ大阪のファンです。 ピッチを俯瞰で観られる席を好み、 「戦術」と「個の力」を同時に観ることが目標です。 最近はピッチ外のことにも興味を持ち、 『勝手にスタジアムツアー』と題して、歩き回ってます。 「一生をかけて、Jリーグのスタジアムを制覇したいな」 という壮大な夢もあります (たぶん無理…) サッカー好きな方、SNSで遊びましょ!!(特にgoogle+です)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA