すべてはベルマーレに仕組まれたワナだった

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

 

読んでおきながら、

感想をグダグダ引き延ばしている本がある

 

 

 

全体の感想は、いつか・・・と思っているが、

今回は特に気になった章をご紹介する

 

 

今シーズンは1度、Shonan BMWスタジアムを歩いている

(できればスタジアム紹介の記事を読んでからの方が分かりやすい)

Shonan BMWスタジアム平塚の歩き方 J1 2015年8月22日 川崎フロンターレ@湘南ベルマーレ

 

DSC_2457

 

 

スタジアムのハード面は古くて、良さを感じなかったが、

それを補って余りあるソフト面の充実に感動した

 

 

日野から平塚への観戦頻度を上げたいなと考えている

 

 

この本を読んで、「すべてベルマーレに仕組まれたワナ」だと分かった

 

 

イベントを仕掛けているのは、ベルマーレなので当たり前なのだが、

yas-mikiが素晴らしいな思ったポイントは、

全てと言っていいほど本に書かれていた

 

 

本の第六章に、前・事業本部長の畔柳豪さんを取材した、

サッカークラブの「稼ぐ力」

という章がある

 

 

このブログを継続して読んで頂いてる方には、

良く目にする文言だと思うが、

「スタジアムで観戦する一日の経験を売る」

という言葉に、共感している

 

 

どこで仕入れた言葉か?忘れてしまったが、

ガンバで運営のバイトをしていた経験から、

その言葉の重みを感じた

 

 

当時は、「目の前のお客さんに、少しでも快適に試合観戦して欲しい」

と思いながら、働いていただけだった

 

 

そのため「どう楽しんでもらうか?」

という視点は持ち合わせていなかった

 

 

社会人になり、主戦場を首都圏に移して、観戦していると、

それが機能しているクラブと、そうでなクラブがあるのを感じる

 

 

ベルマーレは、間違いなく前者だった

 

 

小さいスタジアムながら、

大きいスタジアムと同じ規模のイベントをやっている感覚だった

 

 

その根底にあるのは、試合はエンターテインメント業という考えだった

 

 

家族、恋人、友人同士で『今度の週末は何をする?』となったときに、スポーツ以外のレジャーとの比較からベルマーレを選んでいただかなければいけないんです

 

 

これも何度かブログに書いてると記憶しているが、

映画やテーマパークも、『時間とお金と情熱』をかけるという意味でライバルになる

 

 

この考えは、この本で仕入れた記憶がある

 

 

 

10年近く前の本だが、非常に感動した内容だった

 

 

yas-mikiで言う「一日の経験を売る」考えを、

ベルマーレ流の言葉にした部分があった

 

 

エンターテインメントとして考えると、来場してくれた方々には『面白い試合だったね、ベルマーレが勝って良かったね』と言ってもらいたいです。それにプラスして、『食べ物がおいしかったね』とか『あのイベントが面白かったね』と、もうひとつ心に残るものを提供していかないといけないと考えています

 

 

これこそ今のJリーグに大事にして欲しいと思う

 

 

ソフト面の充実は著しいと感じているが、

もっとできるクラブはあるし、さらに伸ばして欲しいと思っている

 

 

この考えを基にして、ベルマーレはワナを仕掛けていた

 

 

・ ショーイベントやふわふわ、キックターゲットといったスタジアム外のイベント

・ 広い芝生を活かして、子ども達に遊んでもらうこと

・ フードパークの店舗数の充実ぶり

・ メニューの中に、ベルマーレにちなんだものが入っていること

・ 選手紹介の「コール&レスポンス」

・ 毎試合グッズの新商品をラインナップすること

などなど

 

 

Shonan BMWスタジアム平塚の歩き方 J1 2015年8月22日 川崎フロンターレ@湘南ベルマーレ

 

 

スタジアム紹介記事で書いたことは、ベルマーレの本に書いてあり、

まんまとベルマーレのワナにはまっていた

 

 

「yas-mikiが注目したポイントは、クラブも重きを置いている」

と逆に考えられるので、我ながらいい視点と持っているなと思った

 

 

ここには書かれていない、サポーター有志の企画が加わるので、

ソフト面の充実は、群を抜いているように感じた

 

 

残念ながらベルマーレのホームゲームは終わってしまったので、

記事を書くタイミングを間違えた感は否めない

 

 

スタジアムを紹介する試みのブログとしては、ミスだった

 

 

しかし「一日の経験を売る」マインドは、ベルマーレに根付いているので、

2016年シーズンに、ぜひ経験して欲しい

 

 

ベルマーレはJ1残留が決まっているので、

試合の質は保たれると考えている

 

 

それに加えて、ソフト面の充実を感じて欲しい

 

 

普段は、キックオフ1時間30分前にスタジアムに着くといいと紹介している

いつスタジアムに着くといいのか?

 

 

しかしベルマーレでは、2時間前に来ても十分楽しめる

 

 

いきなりシーズンシートとはいかないと思うし、

yas-mikiも、シーズンシートで通う程、パワーは持っていない

(なんせスタジアムまで片道3時間ほどかかるので・・・)

 

 

それでもスポット的に、平塚に行きたいと考えている

 

 

この記事をを読んで頂いたJリーグのサポーターの方、

ベルマーレに仕組まれたワナに、はまりに行きましょう

 

 

 

yas-miki

 

 




 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

スタジアム紹介の記事のまとめは、こちら

(1都3県のJFL以上は網羅してます)

スタジアムの歩き方

 

 

ジェフ千葉、FC東京を中心に、Jリーグを観戦してます。 これでもガンバ大阪のファンです。 ピッチを俯瞰で観られる席を好み、 「戦術」と「個の力」を同時に観ることが目標です。 最近はピッチ外のことにも興味を持ち、 『勝手にスタジアムツアー』と題して、歩き回ってます。 「一生をかけて、Jリーグのスタジアムを制覇したいな」 という壮大な夢もあります (たぶん無理…) サッカー好きな方、SNSで遊びましょ!!(特にgoogle+です)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA