2015年11月11日 天皇杯4回戦 水戸ホーリーホック@FC東京

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

 

会社がリフレッシュデーで、公然と定時に帰れるので、

味スタへ行ってきた

 

 

カードだけを観れば、町田ゼルビア@浦和レッズがアツいけど、

さすがに熊谷までは行けないので、味スタにした

 

DSC_3307

 

 

平日だし、気温も低かったけど、

7000人を集めるのは、さすがFC東京だ

 

 

yas-mikiは水戸側に座っていたので、

良席を確保できた

 

 

低かった気温には、埼スタで買った

フロンターレのフリースポンチョが本当に有能だった

 

 

水色なので、水戸のカラーにも調和していた

 

 

下克上で盛り上がれるのは天皇杯だけなので、

水戸の頑張りに期待していた

 

 

NCAAスポーツでは、スイート16という言葉があるように、

下克上が起きる可能性が高いラウンドだ

 

 

でも結果は無風だった

 

 

今シーズンに水戸を観た記憶がないので、普段が分からないし、

知っている選手もほとんどおらず、情報はゼロに等しい

 

 

東京対策なのか?1-5-3-2でスタートした

 

 

東京も何故かフラットな1-4-4-2でスタートした

 

 

この辺りは、試合前の読み合いなのかもしれない

 

 

赤を東京、青を水戸として、

両チームのフォーメーションを重ねる

 

screenshotshare_20151111_205843

 

 

簡単に数合わせをすると、水戸から見て、

CBの所が3対2なので、+1

アンカーが空いているので、+1

東京のSBが空いているので、-2

 

 

後ろでゲームは作られても、最後ではね返そうというのが

水戸のゲームプランだったのかな?

 

 

前から積極的にプレスするシーンはなかった

 

 

そうすると空いた東京のSBが

どれだけ活躍できるか?鍵になる

 

 

東京のSBにボールが入ると、

水戸のインサイドハーフがスライドしていた

 

 

そうするとボールサイドだけを観れば、

ダブルボランチを保てるので、

局面の数的優位を作れる狙いだと思う

 

 

個人的にサッカーの教科書だと思っている本には、

こんな一節がある

 

 

フォーメーションを見るときに大切なのが、「サッカーは11人対11人で行う」という基本を忘れないことです。

 

 

1人余らせる、つまりプラス1にするためには、どこかをマイナス1しなければなりません。ここはフリーにしても構わないという選手なり、ポジションなり、あるいはエリアを決めるのです。

 

 

 

 

この試合での水戸は、

ボールのないサイドのSBを捨てて守っていた

 

 

ただ開始早々に、東京が太田を持たせて、質の高いクロスを入れた

 

 

90分を観た結果論で言えば、

その時点でダメだと気づかないといけなかった

 

 

中盤の3人がスライドすると簡単に書いたが、

ボールサイドからサイドチェンジされると、

東京のSBに時間とスペースを与えてしまう

 

 

太田、徳永には十分な時間で、

何本か質の高いクロスが入った

 

 

前半15分くらいに東京が右からのサイドチェンジで

左SBの太田に時間とスペースを持たせて、完璧なクロスを上げさせた

 

 

そのクロスを合わせて、先制した

 

 

最後のところで頑張るという水戸のゲームプランは、

早くも崩れてしまった

 

 

ここで水戸はフラットな1-4-4-2に変更した

 

 

赤を東京、青を水戸として、

もう一度両チームのフォーメーションを重ねる

 

screenshotshare_20151111_205922

 

 

目の前の相手がはっきりして、分かりやすくなる

 

 

メンバーチェンジなしで、5バックから4バックに移行したのは見事だと思う

 

 

普段が分からないので準備していたか?分からない

 

 

これで東京のSBに時間を与えないようになったが、

目の前の相手がはっきりするので、個の能力が出やすい

 

 

水戸がカウンターでアタッキングサードに入るシーンもあったが、

基本的には、東京の手の上で転がされてた

 

 

水戸がフラットな1-4-4-2に移行したことで、

東京はいつものダイヤモンドの1-4-4-2に変更した

 

 

赤を東京、青を水戸として、

もう一度両チームのフォーメーションを重ねる

 

screenshotshare_20151111_210020

 

 

もう一度簡単な数合わせをすると、水戸から見て、

両SBが空いているので、+2

ボランチの所が2対1なので、+1

東京の中盤が空いているので、-3

 

 

フラットな1-4-4-2を採用するクラブは多いので、

東京としてはいつもの形に戻した

 

 

試合開始時に水戸が、東京のSBを余らせたのと同じ感覚で、

東京も水戸のSBを余らせた

 

 

そのため水戸が少しずつポゼッションできるようになった

 

 

両SBにボールが入ってからの攻撃をさせてもらえなかった

 

 

東京は中盤がスライドして、インサイドハーフがプレスをかける

 

 

そのプレスがかかるまでに時間はあるのだけど、

水戸に比べると格段に早い

 

 

また東京のアンカーの高橋にバイタルを埋められたので、

そこにボールが入らない

 

 

水戸の2トップと東京のCBの能力差なのか?

裏という選択肢も少なかった

 

 

水戸がゴールするには、

何か事故が起きるか?2工夫くらい手を打つか?しないといけない

 

 

それが出来る出来ないが、J1とJ2の差だと実感した

 

 

東京としては、1点獲っているので、

得意のウノゼロでも構わないよというサッカーだった

 

 

無理に人数をかけて攻めないけど、鋭いカウンターで対抗していた

 

 

後半になっても、両チームの考えは変わらずに時間が過ぎて行った

 

 

すると後半10分くらいに、

東京の橋本のスーパーミドルで追加点だった

 

 

このゴールに関しては、水戸は誰も悪くない

 

 

ただただシュートを打った橋本が素晴らしかった

 

 

この2点目で試合は、ジ・エンドだった

 

 

東京がもう一度フラットな1-4-4-2で、ミスマッチを潰すと、

水戸の攻撃手段がなくなってしまった

 

 

ボールは持てるけど、アタッキングサードで頑張れないという

J2ではよく観る光景だった

 

 

2点を追いかけるのだから、

もっとリスクを冒して、ゴール前の人数を増やしても面白かった

 

 

実際に東京は、湘南にそれでやられている

 

 

2015年10月17日 J1 湘南ベルマーレ@FC東京

 

 

トーナメントで失うものは何もないので、

もう少しファイトする姿勢が観たかった

 

 

スイート16という面白い組み合わせだったけど、

ただただ90分間、東京の強さが際立つ試合だった

 

 

熊谷も7-1というサッカーじゃないスコアだったらしいので、

ここで下克上はなかなか難しいのかもしれない

 

 

ただ下位カテゴリーの方が、日程が厳しいのが残念だ

 

 

町田も勝てるか分からない試合より、

昇格レースの方を大事にしたいだろうし・・・

 

 

東京の準々決勝は、広島との好カードになった

 

 

どこで試合をするのか?知らないけど、

シーズンの勝ち点で上位のクラブなので、

できれば観に行きたい

 

 

場合によっては、12月に広島vsFC東京が3試合なのか!

 

 

日程の綾とはいえ、面白いことになりそうだ

 

 

 

yas-miki

 

 

スタジアム紹介の記事のまとめは、こちら

(1都3県のJFL以上は網羅してます)

スタジアムの歩き方

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

 

サッカーショップ加茂

 

 

ジェフ千葉、FC東京を中心に、Jリーグを観戦してます。 これでもガンバ大阪のファンです。 ピッチを俯瞰で観られる席を好み、 「戦術」と「個の力」を同時に観ることが目標です。 最近はピッチ外のことにも興味を持ち、 『勝手にスタジアムツアー』と題して、歩き回ってます。 「一生をかけて、Jリーグのスタジアムを制覇したいな」 という壮大な夢もあります (たぶん無理…) サッカー好きな方、SNSで遊びましょ!!(特にgoogle+です)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA