どの席に座ろうか? (席種の紹介編)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

 

前回の投稿までで、

スタジアムで観戦をオススメする理由を説明し、

どの試合を観に行くといいかを紹介した

 

 

少しでもスタジアムに行こうと思って頂き、

お目当てのカードが決まったとしたら、

次は、どの席種を選べばいいか?である

 

今回は簡単な席種の紹介をする

 

 

チームによって異なるが、

実に多くの席種が用意されている

 

 

一般的には、

ゴール裏が一番安く、

センターラインに近づくほど値段が上がる

 

 

またセンターラインに近い席ほど、

指定席であることが多い

 

 

これはピッチの真ん中で見ていた方が、

どちらの攻撃でも、近くで見られるからだ

 

 

ゴール裏で見ていると、

近くのゴール前は、よく見えるが、

反対のゴール前は、イマイチ何が起きているのか分からない

 

 

センターラインに近い、真ん中で見ていると、

どちらともそれなりの近さで見られる

 

 

一般的に、センターラインに近い指定席を除けば、

ゾーン指定席という名の自由席である

 

 

これは決められた範囲(ゾーン)内の席は、

どこでも座っていいことになっている

 

 

ゾーン指定ならば、

指定席側の席の方が、人気になりやすく、

スタジアムに早く来ないと確保できない

 

 

また2階席の扱いは、

チームによって異なる

 

 

FC東京や川崎フロンターレのように、

2階席の方が、金額が高い場合もある

 

 

これは2階席の方が、

ピッチ全体が見やすいという考えだと思う

 

 

逆に浦和レッズや横浜Fマリノス、鹿島アントラーズのように、

2階席の方が、金額が低い場合もある

 

 

これは1階席の方が、ピッチに近く、

臨場感が楽しめるという考えだと思う

 

 

最後に同じピッチの近さ、センターラインの近さでも、

メインスタンドの方が、バックスタンドより高い

 

 

記者席や貴賓室も、必ずメインスタンドにある

 

 

一般的にスタジアムは、

メインスタンドが西側になるように建設されている

 

 

サッカーに限らず、スタジアムで競技が行われているのは、

午後であることが多いため、

メインスタンドを日陰にするためだと言われている

 

 

またメインスタンドにしか、屋根がないスタジアムも多い

 

 

これらの理由から、

メインスタンドの方が高いと思っている

 

 

どこの席を指定席とし、

どこの席をゾーン指定席にするか?は、

各チームによって異なる

 

 

席種とチケットの金額は、

各クラブのホームページに書いてあるので、

必ずチェックした方がいい

 

 

予算や人数、気分によって席種を試合ごとに変える

という方法もアリだと思う

 

 

初めて来るという方が注意した方がいいのは、

安いからという理由で、

ゴール裏の席を買わないことである

 

 

サポーターの数やゾーンの広さにもよるが、

ゴール裏のサポーターは、

立って歌って応援することが基本である

 

 

座って落ち着いて観るという環境ではないことが多い

 

 

着席エリアを設けてくれるチームもあるが、

盛り上がってサッカーを楽しみたい人向けの席である

 

 

座って観たいなら、

ゴール裏より高い席を確保することをオススメする

 

 

何となくでも想像できましたか?

 

 

チームによっては、親切な席種の紹介もあるので、

お目当ての試合のホームチームのホームページを

確認してみると、理解が深まるはずだ

 

yas-miki

 

 

 

スタジアム観戦の紹介をまとめてます

こちらをクリック⇒ スタジアムに行こう!!

 

 

 

ジェフ千葉、FC東京を中心に、Jリーグを観戦してます。 これでもガンバ大阪のファンです。 ピッチを俯瞰で観られる席を好み、 「戦術」と「個の力」を同時に観ることが目標です。 最近はピッチ外のことにも興味を持ち、 『勝手にスタジアムツアー』と題して、歩き回ってます。 「一生をかけて、Jリーグのスタジアムを制覇したいな」 という壮大な夢もあります (たぶん無理…) サッカー好きな方、SNSで遊びましょ!!(特にgoogle+です)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA