2015年9月2日 ナビスコ杯 鹿島アントラーズ@FC東京

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

 

味スタで19時キックオフなら、都心から間に合うということで、

注目度の高くない試合ながら、味スタに行ってきた

 

 

確かキックオフ1時間くらい前に着いたが、

余裕でいつもの席を確保できた

 

DSC_2552

 

 

シーズンシートを持っている東京は、

半月前のガンバ戦以来になる

 

 

2015年8月16日 J1 ガンバ大阪@FC東京

 

 

鹿島は5月の@FC東京を観た気がするので、

4ヶ月ぶり2度目だと思う

 

 

監督も代わって、流れも変わってきたので、

どんなサッカーをするのか?興味があった

 

 

両チームとも代表選手が抜けているので、

ややインパクトに欠けるラインナップかな?

 

 

東京は、いつも通りダイヤモンドの1-4-4-2、

鹿島は、伝統のフラットな1-4-4-2でスタートした

 

 

青を東京、赤を鹿島として、フォーメーションを重ねる

 

screenshotshare_20150902_214022

 

 

東京のSHをどう見るか?で変わってくるが、

鹿島のSBを見ていると考えれば、

中盤は数的同数になる

 

 

ただ並び上は、東京のボランチが空いて、

トップ下の所で、1対2になっている

 

 

試合を通した感想としては、

手堅くしっかりとした鹿島のサッカーに、

手を変え、品を変え修正する東京という構図だった

 

 

鹿島に【守備の手堅さ】と【ミスの少ないパスワーク】が帰ってきた

 

 

それぞれの選手が、自分の担当ゾーンを見る形だった

 

 

東京が自らしたのか?鹿島に強いられたのか?分からないが、

東京は縦に早い攻めが目立った

 

 

いつもの事とは言え、縦に急ぐ回数が多く、

全体が間延びした印象だった

 

 

前で中島、河野が前を向けたので、チャンスもあったが、

前半から飛ばしてるなと感じた

 

 

東京と対戦する多くのチームが、

トップ下の河野を捕まえにくそうにしているのを見ているが、

鹿島にそういった雰囲気を感じなかった

 

 

正確には覚えていないが、山村が見る時間が長かったかな?

 

 

その分小笠原が前を向いて、東京の中盤にプレスをかけていた

 

 

ただゾーンで守っているので、役割が逆にもなっているが、

全体の印象としては、そんな感じ

 

 

鹿島のボールになると、まずはファーストブレイクを狙う

 

 

可能性が高くない場合はやり直して、

CB+ボランチの4人でゲームを作って、

前の4人がポイントを作る

 

 

時間ができれば、SBが上がってサイド攻撃という王道の流れだった

 

 

思ったほどダヴィの所で収まらない気がしたが、

右の遠藤の所でポイントが出来ていたかな?

 

 

2点目のミドルは素晴らしかったし、

持ち前のキープ力は健在だった

 

 

東京がちょこちょこ変えてきていたが、

鹿島は動かず、自分たちのサッカーを貫いた

 

 

特に小笠原のすごさを実感する試合だった

 

 

ゲームを読む力、展開力、寄せる早さで【らしさ】を見せたと思う

 

 

近年では柴崎のサポートという黒子に徹する時間が長いが、

この日は自分がゲームを動かすという意図があったように見えた

 

 

相方の山村の足元が怪しかったので、

よけいに小笠原のプレーの正確さが素晴らしかった

 

 

来週末には、ガンバ戦のために鹿島に行く予定をしているが、

このチームに柴崎が入ると、とても堅いサッカーになりそうだ

 

 

東京は、ダイヤモンドの1-4-4-2でスタートした

 

 

鹿島のダブルボランチに対して、

ボールサイドのボランチを河野が見ていて、

高橋が余って、バイタルをケアしていた

 

 

いつもながら相手のSBの所で時間ができるが、

寄せの速さは悪くないと思っていた

 

 

全体としても悪くないし、早めに点が獲れた

 

 

常にボールサイドに走らなければいけない河野に

負担がかかるなと思っていた

 

 

前半15~20分くらいで、河野を1列下げて、

フラットな1-4-4-2に変更した

 

 

あんまり意味がないけど、青を東京、赤を鹿島とした

フォーメーションをもう一度載せる

 

screenshotshare_20150902_214046

 

 

こうすると目の前の相手がはっきりする

 

 

米本をボランチに入れず、河野を真ん中で引っ張ったのは、

攻撃に絡ませたい意図なのかな?と観えた

 

 

鹿島のボランチは、ガンガン上がる訳ではないので、

高橋、河野は、自分のゾーンを守りながら、コースを切るくらいだった

 

 

前半の失点シーンは、

飛び込んだDF(誰かは覚えていない)が軽い印象もあるげど、

ドリブルで抜いた鹿島の山本が上手だった

 

 

後半の頭は覚えていないが、河野が下がってからは、

米本がボランチに入って、東がサイドに出ていたが、

途中からは中島と入れ替わっていた

 

 

フィッカデンティさんにどんな意図があるのか?分からないが、

試合中に少しずつ修正していくのは、変わらない

 

 

ダイヤモンドの1-4-4-2でスタートして、

展開が悪いと、フラットの1-4-4-2に変更するパターンが多い

 

 

前に3枚残せるダイヤモンド型は、カウンターの威力が増すが、

守備ブロックが7人なので、サイドが手薄になる

 

 

それを分かった上でスタートして、

相手に良さを消された時やリードしてゲームを終わらせたい時に

フォーメーションを変えて、システムも変える

 

 

特に米本の万能性が素晴らしい

 

 

以前は守備のボランチ専門みたいな印象だったが、

効果的な縦パスを出せるし、自分で持ち上がることもできる

 

 

シュートの精度が上がったら、間違いなく代表だと思っている

(今の段階でも呼ばれないのが不思議だと思っている)

 

 

 

東京は、2点もアウェーゴールを獲られて、

2ndレグをどう戦うか?は興味深い

 

 

2ndレグの日は、千葉で天皇杯の予定なので、

何の情報もなく、結果だけ見ることになりそうだ

 

 

試合を観ていて印象に残ったのが、

90分間試合出て、いいボール蹴りまくってた太田だった

 

 

アシストのクロスの精度はめちゃめちゃ高かった

 

 

全体が縦に早く、間延びしたので、最後は疲れたようだが、

試合での動きに問題はないように観えた

 

 

ケガじゃなかったの・・・?

 

 

ガンバファンとして米倉が呼ばれたのは嬉しいけど、

太田がダメだから米倉って説明だったような・・・

 

 

米倉恒貴の日本代表選出について思うこと

 

 

ハリルホジッチさんは、何を観て決めたのだろうか?

 

 

ここまでプレーできる太田を外したのだから、

絶対に米倉を試合で使って欲しい

 

 

 

yas-miki

 

 

味の素スタジアムの紹介記事は、こちら

味の素スタジアムの歩き方 FC東京 2015年J1

 

 

ただいまJリーグに関するアンケートをやってます

宜しければ、ご意見を聞かせて下さい

【急募】 来たれJリーグファン! Jリーグを良くするには?アンケート

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

 

ジェフ千葉、FC東京を中心に、Jリーグを観戦してます。 これでもガンバ大阪のファンです。 ピッチを俯瞰で観られる席を好み、 「戦術」と「個の力」を同時に観ることが目標です。 最近はピッチ外のことにも興味を持ち、 『勝手にスタジアムツアー』と題して、歩き回ってます。 「一生をかけて、Jリーグのスタジアムを制覇したいな」 という壮大な夢もあります (たぶん無理…) サッカー好きな方、SNSで遊びましょ!!(特にgoogle+です)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA