ジェフユナイテッド市原千葉

2015年8月29日 天皇杯1回戦 東京国際大学@ジェフ千葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

今月4度目のジェフ千葉観戦になった

 

 

この日はバックスタンドも自由席ということで、

開門時間にフクアリに着いて、いつもの席を確保した

 

DSC_2501

 

 

天皇杯では、必ずどこかでアップセットがあるので、

それがフクアリじゃないといいなと思いながらの観戦だった

 

 

結果的には、キンチョウで起こったみたいだ

 

 

大学生が相手ということで、メンバーを落とすことは予想していたけど、

リーグ戦の流れを打開する『何か』を試して欲しいなと思っていた

 

 

米倉恒貴の日本代表選出について思うこと

 

 

メンバーは落としていて、

目新しいのは町田を左SHで使ったことだ

 

 

千葉も東京国際大学も、フラットな1-4-4-2でスタートした

 

 

この場合、目の前の相手がはっきりするので、

個の力が結果に現れやすい

 

 

この日で言えば千葉が有利になる

(まあ元々プロ対アマだけど・・・)

 

 

千葉がボールを持つ時間が長くなって、

どう崩すか?が大きなテーマの試合になった

 

 

東京国際大学の守備の考え方としては、

ボランチ2人を余らせて、バイタルを閉める

 

 

2トップで、千葉のCBとボランチを追いかけて、

それ以外はマンマークという感じだった

 

 

2トップのプレスのかけ始めを低めに設定しているが、

最終ライン設定が高いので、かなりコンパクトに観えた

 

 

全体をコンパクトにすることで、

余っている2人のボランチが、各所の1対1に加勢できるようにしている

 

 

千葉からすると攻撃のスペースが狭く感じたと思う

 

 

最近の千葉はポゼッションをせず、縦に早いサッカーをしているが、

この日の戦力差では、ポゼッションすることになった

 

 

両サイドのSBのメンバーが変わっているが、

いつもより高い位置をとる意識が高かった

 

 

後ろはCBとボランチに任せて、サイドで高い位置をとって、

SHが中に入って、相手のギャップで受ける形を狙っていた

 

 

後ろは、ボランチが縦関係になることで、

大きなダイヤモンドを作って、フリーでパスが出せるように工夫されていた

 

 

この日は長いボールを入れる回数が格段に少なく、

繋いで崩そう意識だったと思う

 

 

ただトップやSHが、中のギャップで受けようとしているが、

そこにボールが入らない時間が続いた

 

 

前の選手からは、

「もっと前にボールを運んでこい」というジェスチャーが多かった

 

 

前述のように相手がコンパクトな陣形をとっていたので、

スペースが少ないという理由が大きいが、

もう少し勇気をもった縦パスがあっても面白かった

 

 

それにはボールロストというリスクがあるので、

それを嫌気したのかもしれない

 

 

観ている方からすると焦れる展開だったが、

90分トータルで観れば相手の足を止める有効なパス回しだった

 

 

実力差から考えれば、

千葉が1点獲れば試合が決まる雰囲気だったので、

早く決めてしまいたいと思っていた

 

 

0-0を引っ張られると、相手の気持ちが切れないし、

守りのリズムもできてしまう

 

 

終盤に交通事故的に点を獲られてしまうこともある

 

 

数年前に味スタで、FC東京が横河武蔵野FCに負けたのを、

現地で観ていたので、それがちらつく

 

 

そう思っていたら、先制点が獲れたので、大分楽になった

 

 

DFに当たったボールがこぼれてきた幸運もあったけど、

強いシュートを打てた安は素晴らしかった

 

 

3点目のボレーもキレイだったし、

シュートセンスが高いのかもしれない

 

 

前回フクアリで観た時は、つかみどころのない印象だった

 

 

2015年7月26日 J2 ロアッソ熊本@ジェフ千葉

 

 

この日はそれ以来の2回目になる

 

 

前回は1トップで、この日は2トップなので、役割が変わった感じがした

 

 

この日の印象としては、マルチにこなせるタイプだった

 

 

サイドに流れてもらうこともあれば、トップに張ることもあった

 

 

中盤に下りてくることはなかったのは、

町田と水野がいたからかもしれないが、

典型的なFWタイプの選手だろう

 

 

前回は1トップで、相手DF2人を背負っていたが、

この日は2トップで、マークが緩くなって、動きが良くなった

 

 

今後はこの使い方をするのかな?と期待させられる内容だった

 

 

目新しい起用法は、町田のSHだった

 

 

これまではトップ下という位置づけだったので、

1-4-2-3-1でしかポジションがなかった

 

 

ここの所スタメン落ちが続いたのも、それが原因だと思っている

 

 

SHで起用されたが、期待された役割としては同じだろう

 

 

相手の間で受けて、ゲームを作ることを狙っていた

 

 

ボールが出てこなくて、活躍できるシーンが少なかったが、

いいトライを続けていたと思う

 

 

ゴールシーンの飛び出しも思い切って走っていたのは、

これまでは少ないパターンだった

 

 

ゲームを作れるけど、アタッキングサードで弱いというイメージを

少しは払拭できたかな?

 

 

前々からきっかけがあればブレイクできると期待しているので、

このゴールが、その『何か』になるといいな

 

 

この日は守備のタスクがほとんどなかったので、

SHの役割を完遂できるか?疑問も残るが、

いいオプションを手に入れた感じがする

 

 

千葉の守備に関しては、無風だったと言っていい

 

 

不用意なボールロストが、2~3回あったが、

CBの頑張りでカバーできていた

 

 

ボールロストは注意しないといけないが、

0にはできないので仕方ない

 

 

それをカバーしたCBが素晴らしかった

 

 

東京国際大学は、前にロングボールを入れて、

ポイントを作りたかったはずだ

 

 

そうしないと後ろが攻め上がる時間が作れない

 

 

千葉のCBはそれを許さなかった

 

 

特に空中戦は完封だったし、グラウンダーのボールにも絡めていた

 

 

CBの所で、潰せていたので、守備は超安定していた

 

 

岡本にあやしいシーンが2度ほどあったくらいだろうか?

 

 

前半に1点獲れて、楽に守っていた印象だった

 

 

相手がアマチュア、しかも大学生なので、

個の力で、格の違いを感じた

 

 

特に局面のフィジカルでは、かなりの差があった

 

 

体幹の強さや体の当て方で、千葉が上回っていたので、

試合を簡単にしていた

 

 

唯一、東京国際大学のキャプテンの選手が、

フィジカルで対抗できていたかな?

 

 

ここまで個の力があると、カテゴリーの違いを痛感する

 

 

完勝としか言えない内容だった

 

 

ただ森本には点を獲って欲しかった

 

 

PKはもちろんのこと、他にもチャンスはあったので、

点を獲って、リーグ戦につなげて欲しかった

 

 

交代の時に拍手が少なかったのは、期待の裏返しだと思うので、

来週も出場するのなら、奮起して欲しい

 

 

途中出場も松田も「前への推進力」というストロングを見せていたので、

ポジションは保証されなくなっている

 

 

街中に貼られているポスターの一番目立つところにいる選手なので、

シーズン終盤の爆発を期待したい

 

 

来週の相手は決まっていないが、

どちらが来ても、千葉の方が戦力が整っている

 

 

磐田との8ポイントを埋める『何か』をつかんで、

勝ち進んで欲しい

 

 

またフクアリでの試合なので、足を運ぼうと思っている

 

 

そしたら4週連続のジェフ千葉になるな~

 

 

別趣味もあるから、フクアリ到着が遅れるので、

いつもの席が確保できるか?だけが心配だ

 

 

 

yas-miki

 

 

前回のジェフ千葉の試合観戦の感想は、こちら

2015年8月23日 J2 ジェフ千葉@横浜FC

 

 

ただいまJリーグに関するアンケートをやってます

宜しければ、ご意見を聞かせて下さい

【急募】 来たれJリーグファン! Jリーグを良くするには?アンケート

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください