サッカー関連本

【読書】宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

私事だが、最近kindleを買って、本を探していたら見つけた

 

 

2012年の本ですでに読んでいた本だけど、

売ってしまって手元になかったので、手にとった

 

DSC_2422

 

新書なので、世間一般のサッカー好きに向けて書かれている

 

 

ポジションごとに注目ポイントが書かれているので、

試合を観るときの着目点は網羅されているように感じる

 

 

大まかなポイントから、細かなディテールまで紹介されていて、

この本に書かれていることを全てチェックできれば、

立派なサッカー通になれる

 

 

代表選手を例に挙げて、ポイントを紹介しているので、

誰でも内容に入っていける

 

 

ハイライトは、ピッチのゾーン分けだろう

 

 

一般にはピッチを縦に3分割して、

ディフェンディングゾーン

ミッドフィールド

アタッキングゾーン

と呼んでいる

 

 

yas-mikiもそういう認識で観ている

 

 

それに対してこの本では、

ピッチを縦に4分割して観る方法を提案している

 

 

そのゾーン分けは均等に4分割ではなく、

選手ならではの感覚で語られている

 

 

詳細は実際に読んで欲しいが、

このゾーン分けはサッカーを観戦する参考になる

 

 

【観戦術】というタイトルだけあって、現地観戦の参考になる記述が多い

 

 

ボールを持っている2分より、ボールを持っていない88分の動きにこそ、選手の真価が問われるのです。

 

 

このボールを持っていない88分は、テレビでは映りにくい

 

 

FWであれば、最終ラインと駆け引きして、ボールを受ける動き、

中盤であればパスコースを作る・切る動き、

DFであればオフサイドラインを作る動きといった感じだろう

 

 

他にもたくさんの仕事があり、ボールのない所での戦いも面白い

 

 

この88分を重視する考えは様々な本で紹介されている

 

 

この本でも、

優れたセンターバック、ディフェンスリーダーは、それこそ1試合90分のうち、ボールに触れていない88分間、ずっとしゃべり続けているくらい「おしゃべり」だといえるかもしれない。

と紹介している。

 

 

常にコーチングしてディフェンス組織の修正をするセンターバックこそ、

優れた選手だという考えである。

 

 

これは現役時代センターバックだった宮本さんだからこそ、

重みのある言葉だった

 

 

この本で優れたセンターバックとして紹介されている秋田さんも、

さらに重要なのが、声を出してまわりを動かせる選手の存在だ。チームの狙いどおりに網にかけるには、周囲の選手のバランスを微調整する必要がある。そのためには声を出して、まわりを動かせなければ守備のフィルターはかからない。

と著書の中で主張している。

 

 

 

また元日本代表GKの小島さんも、

コーチングによってディフェンス陣がいい準備ができれば、ディフェンス組織は強固なものとなり、それはそのままゴールキーパーが実際に体を動かしてプレーする時間を減少させることにつながる。

と著書の中で主張している。

 

 

小島さんの著書のタイトルは、

【GKの優劣な、ボールに触れない『89分間』で決まる】

 

 

 

ボールのない時間を重視するという考えがタイトルになっている

 

 

この89分間はテレビには映らず、現地でないと観られないが、

コーチングは、歓声にかき消されて聞こえない

 

 

それでも何か話しているなと思ったら、

ポジションの修正をしていると思っていいし、

それを88分、89分やっている選手が優れているという主張は一貫している

 

 

それを見極められる観戦者になりたいと思う

 

 

またサッカーの観戦術として、

試合中の6割か7割はボールの動きを観て、残りの3割はボールのないところを観る。そう心がけるだけで、サッカーの試合を観る楽しみはぐっと増すはずです。

と紹介している

 

 

yas-mikiも現地観戦をオススメする理由として、

ボールがない所を観られることを挙げている

 

 

なぜスタジアムでの観戦をオススメするのか?

 

 

テレビには映らない所にもサッカーの楽しみ、奥深さが凝縮されている

 

 

それを観られるようになりたいし、

それを練習するためには、スタジアムに行くことが近道だと思っている

 

 

リプレーがあって、録画なら巻き戻しもできるテレビ観戦もいいし、

レベルの高い海外サッカーはテレビでないと観られない

 

 

それでも現地観戦によって得られる見識は、

それを上回るのかなと感じている

 

 

残り3割を観ることについて、

ボールのないところを観ることは、その選手(ボールを持っている選手)と同じように、観客も多くの選択肢を持つことになります。

と紹介している

 

 

この選択肢を持つことは、サッカー観戦の楽しみだと思う

 

 

1手先を読みながらボールを追うと、選手の考えがよく分かる

 

 

本当は2手先、3手先が読めればいいのだけど、

現状はそれができないのが歯がゆい

 

 

それでも選手と同じ選択肢を持って、

どのプレーが最適か?考えて観ていると楽しいのは間違いない

 

 

「あ~、それはイカン」とか、「そっちか、面白い」とか

リアクションを頭で取りながら観られれば、サッカー通の仲間入りかと思う

 

 

その3割はやはりスタジアムに行かないと観られない

 

 

Jリーグならではの観所として、

スタジアムの環境面の充実(ピッチコンディションの良さ、清潔さ、禁煙化、安全性など)においては世界に誇れるものがあります。

と紹介している。

 

 

世界の中でも観戦者に優しい環境が用意されていると思うと、

観戦者として嬉しいし、この強みは年々強化されていると感じる

 

 

『サッカー観戦をする一日の経験を売る』という感覚が徹底されていて、

ピッチ外の充実は素晴らしいと思う

 

 

それは最近行ったJ3でも徹底されていて感動した

 

 

町田市立陸上競技場の歩き方 J3 2015年8月2日 カターレ富山@FC町田ゼルビア

ギオンスタジアムの歩き方 J3 2015年8月9日 FC町田ゼルビア@SC相模原

 

 

少しでも興味を持ってもらえれば、近くのスタジアムに行って欲しい

 

 

このブログでは、スタジアム観戦の参考になればと思って、

スタジアムの紹介や試合の感想を書いているが、

それを支えてくれる言葉があったので、紹介する

 

 

サッカー界のさらなる発展のためには、サッカーに関わるすべての人が使命感を持ち、この国のサッカー文化を高めるために行動することが必要です。

 

 

まだまだスポーツ文化としては野球に追いついていないし、

一般の興味は代表戦のみで、Jリーグには向いていないのが現状だろう

 

 

それでも少しでもサッカーを、Jリーグを愛する同志が増えてくれることを願っている

 

 

細かい本の内容は飛ばして、簡単な紹介に終わってしまったが、

読めば勉強になるディテールが満載で楽しい本だった

 

 

yas-miki
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スタジアム観戦の紹介記事は、こちら

スタジアムに行こう!!

 

前回の読書感想の記事は、こちら

【読書】ポジティブ・レフェリング

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください