等々力陸上競技場の歩き方 J1 2015年9月19日 名古屋グランパス@川崎フロンターレ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

 

今年2回目の等々力だが、

前回はスタジアム紹介の記事を書かなかったので、

今回の記事で初紹介になる

 

 

メインスタンドが改修して収容人数が増えたので、

チケットは取りやすくなった

 

 

最寄り駅は、JRの武蔵小杉駅か武蔵中原駅になる

 

 

これまでの経験だと武蔵中原の方が近い気がする

 

 

この日は、行きで武蔵小杉からバス、帰りで武蔵中原へ徒歩だった

 

 

キックオフ3時間前に武蔵小杉に着いたけど、

水色の人は数人といった感じだった

 

 

北口を出ると、ロータリーになっていて、

直通バスの看板も出ているので、バス乗り場で困ることはない

 

 

ほとんど待ち時間なしで、バスに乗ることができた

 

 

車内放送はフロンターレの選手が務めている

 

DSC_2684

 

 

前に来た時は違う選手だったので、

今回は誰が?という楽しみはあるかもしれない

 

 

渋滞もあってバスで15分くらいかかった

 

 

スタジアムのある公園で降りるし、

バスに乗っている人は全員同志なので、

その人たちに付いて行けば問題ない

 

 

人の流れに任せて歩くと、フロンパークに着いた

 

DSC_2686

 

 

川崎をテーマの屋台村なので、

歩いているだけでも楽しい

 

 

狭いスペースに出店しているので、

かなり混雑しているのがつらい所だ

 

DSC_2692

 

 

年に数回の頻度で来ている感覚では、

新規出店はあまりないように感じる

 

 

それはお馴染みの店を存分に楽しめることでもあるので、

たまに来る人にはありがたい

 

 

直通バスで来てしまったのと夕食時なので、

屋台で食事をすることにした

 

 

まだ試したことにない有名店ということで、

ブラジルキッチンさんで、シェラスコを1本購入した

 

DSC_2691

 

 

DSC_2694

 

 

1本400円なので、他のスタジアムに比べると、

安いが少しボリュームに欠ける

 

 

赤身の肉を食べてるって感じがして美味しかった

 

 

他にもお肉の串を売っている店もあったが、

確か1本500円で、もっとボリュームがあったように見えた

 

 

まあ値段相応なのだと思う

 

 

シェラスコだけでは物足りないので、

春日山部屋さんの塩ちゃんこを購入した

 

DSC_2695

 

 

DSC_2696

 

 

1杯400円なので、安いなという感覚だった

 

 

塩っ気が強い気もするが、あっさりとしているし、

うどんも入っていて、美味しい食事になった

 

 

日替わりの味のちゃんこもあるらしく、

この日はカレーちゃんこだった

 

 

前回来た時はなかった企画だという記憶なので、

バージョンアップしていた

 

 

さすがに場所中なので、力士の方はいなかったのが少し残念だ

 

 

デザートとして、名物のチョコバナナも購入した

(お店の名前は失念してしまった)

 

DSC_2698

 

 

DSC_2699

 

 

1本200円で、その場でくじを引いて、

当たりが出たらホワイトチョコ、外れたら普通のチョコらしい

 

 

定番の方を食べたかったので、外れてよかった

 

 

その場でチョコをかけているので、

もたもたしてるとチョコが垂れるので、早めに食べることをオススメする

 

 

これだけ食べて1000円なので、いい買い物だと思う

 

 

次に来た時には、コリアンタウンの牛スジか横濱のカレーに挑戦したいと思った

 

DSC_2689

 

 

DSC_2688

 

 

毎試合いろいろな企画をして楽しませてくれるのが、

フロンターレのスゴイ所だ

 

 

前回は献血のイベントだったし、今回は東急とコラボしている

 

 

毎回ダジャレが入っているのも、よく練られていて感心する

 

 

この日は、「川崎の車窓から」というパロディ企画だった

 

DSC_2700

 

 

スタジアムが電車一色で、子供を中心に賑わっていた

 

DSC_2701

 

 

一番面白いと思ったのが、「リアル電車deゴー」だった

 

DSC_2708

 

 

本物の電車のシミュレーターでも持ってきたのかと思っていたら、

予想外のクオリティーだった

 

DSC_2706

 

 

確かにリアルだけど・・・アナログ過ぎる・・・

 

 

この手作り感がフロンターレらしくて、いいのかもしれない

 

 

一通り見てゲートに向かうと、大きなふわふわが3つも出ていた

 

DSC_2717

 

 

DSC_2715

 

 

DSC_2716

 

 

全て借り物の所が逆にスゴイし、

東急がふわふわを持っていることに驚いた

 

 

普段来るときは、ふわふわがないので、

サポーターにとっては珍しいイベントなのかな?

 

 

整理券は売り切れていたので、

どうやら受け入れられていたらしい

 

 

バックスタンドのチケットを持っていたので、

改修されたメインスタンドを通り過ごして、

ホームゴール裏にあるゲートから入場した

 

DSC_2719

 

 

きれいな水色で統一されたメインスタンドは、かなり美しいと感じた

 

 

メインスタンドのチケットを持っていなくても、

コンコースは散歩できるので、歩いてみた

 

 

出来たてなので、コンコースはきれいで広い

 

DSC_2204

 

 

この写真は前回観戦の時のものだが、

今回もとてもきれいだった

 

 

スイーツの店や何でも屋さんもあるが、

気になったのはグッズショップだった

 

DSC_2721

 

 

DSC_2723

 

 

常設スペースに出店しているし、かなりオシャレな作りになっている

 

 

店内は広いスペースがあるので、ゆっくりと買い物ができる

 

 

ただ品数が少ないような気がする

 

 

定番のものを買うなら、メインスタンドの売店がいいと思う

 

 

ホームゴール裏やバックスタンドにも

多くのグッズショップが出店している

 

 

本当にそんなに必要?という出店数なので、

グッズに困ることはない

 

 

またコンコースを歩いていると、珍しい看板を見つけた

 

DSC_2738

 

 

サポーターが勝手に貼る紙に書いてあることは多いけど、

オフィシャルに「ゴール裏は立ち見」というのを明示するのは珍しいと思う

 

 

サッカーファンには当たり前だけど、

経験の少ない人には知らないことなので、

トラブルを防ぐには効果的だろう

 

 

実際に等々力のゴール裏は、人で溢れることも多いので、

買ったからには、立ち見の覚悟は必要だ

 

 

ゆっくり観るなら、2階席(それも指定席)をオススメする

 

 

フロンターレは相変わらずの企画力と手作り感で楽しい

 

 

サポーターも温かい印象があり、

歌詞カードのカンパのしているのは珍しい

 

 

ファンを増やそうとする試みも残っていて、

観ていて好感が持てる

 

 

陸上競技場なので、ピッチとの距離があり、

1階席は勾配がないので、かなり観にくい

 

 

それを避ければ楽しく観戦できる

 

 

フロンターレはサッカーの内容もよく、

上質な観戦経験ができるはずだ

 

 

イベントの企画に携わっている天野さんの本の一節を紹介する

 

 

メインディッシュは試合であることは間違いない。ただ料理と試合が大きく違うのは、メインディッシュが”すごく美味しくなるときもあれば、もう二度と食べたくないと思うこともある”ということだ。

 

 

今のフロンターレであれば、

メインディッシュもサイドメニューも美味しい確率は

かなり高いと感じた一日だった

 

 

 

yas-miki

 

 

試合の感想記事は、こちら

2015年9月19日 J1 名古屋グランパス@川崎フロンターレ

 

ただいまJリーグに関するアンケートをやってます

宜しければ、ご意見を聞かせて下さい

【急募】 来たれJリーグファン! Jリーグを良くするには?アンケート

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

 

ジェフ千葉、FC東京を中心に、Jリーグを観戦してます。 これでもガンバ大阪のファンです。 ピッチを俯瞰で観られる席を好み、 「戦術」と「個の力」を同時に観ることが目標です。 最近はピッチ外のことにも興味を持ち、 『勝手にスタジアムツアー』と題して、歩き回ってます。 「一生をかけて、Jリーグのスタジアムを制覇したいな」 という壮大な夢もあります (たぶん無理…) サッカー好きな方、SNSで遊びましょ!!(特にgoogle+です)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA